« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の10件の記事

2006年6月29日 (木)

ラズベリー摘みのお手伝い

060629_4

ラズベリー摘みのボランティアさんが先週から来てくださっています。
また、私(事務局長:山本佳美)の友人もラズベリー摘みのお手伝いをしてくれました。
感想を寄せてくれたので、ご紹介いたします。

060629

うだるような梅雨の中日、暑いのも虫も大嫌いな私がラズベリー摘みに挑戦しました。

まずは、靴を長靴に履き替えます。そして、ちょっと見オシャレな日よけの帽子をかぶると、段々とその気になってくるから不思議です。親指と人差し指の先をカットしたグローブも欠かせません。とにかく、そこまでする必要があるのか?という完全防備に身を包みました。

ラズベリー摘みには勇気が要ります。なぜならば、茂ってるからです。何がって、もちろん葉が。絶対何か出てくる、と恐る恐る茂みに入ります。そうすると、案外平気なもの。ラズベリーは、きれいに色付いた実を優しくつまむと簡単にヘタから取れるからです。この、「私にもできた感」で俄然やる気が出てきます。

ところが、やっぱりいました。大きいのが。でも心配は要りません。割り箸を持った毛虫隊がすぐに救助にやってきてくれます。
私に毛虫を箸でつまみ落とせる日が来るとは思いませんが、今まさに、実家の長崎でラズベリーを育ててみようかと考えているところです。
【事務局長友人】


※補足説明
「毛虫隊」とは、もう一人のボランティアの木村さんのことです。
木村さんは毛虫を見つけると割り箸で取りのぞいてくれるのです。

この日、ラズベリーを摘み終わった後、井戸から水を汲み、バケツとじょうろで水遣りをしました。

060629_1

ブラックベリーが色づきはじめました!

060629_2

まだ小さいきゅうりときゅうりの花。絶妙の角度でなっています(笑)。

060629_3

【事務局長:よしみ】

2006年6月25日 (日)

カフェの葡萄

コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉の周りのブラックベリーの移動、ぶどうの手入れをしました。
遅れていた、摘房と摘粒、袋かけをしました。日当たりが良くないので、房は少なめにし、また摘粒についも小さめの房にしました。
無農薬、日当たり不良、ビル風と悪条件の中、うまく生育すると良いのですが。街中でもフルーツ!

【山本久夫】

広島からのお客様

6月15日、16日に、〈ひなたぼっこ〉に広島市からお客様がいらっしゃいました。

「笑顔ファクトリー」という、ダウン症の子たちの就労を進める会の方たちと、広島市の職員の方、そして広島市長です。この「笑顔ファクトリー」の方は、ちばMDエコネットのことは以前からご存知でした。今回は広島市長のオフィスアワーで「ダウン症の子たちの就労の場を作っていきたい。カフェを始めてみようと思うけれどどうやったらいいかまだわからなくて悩んでいる。」という相談をしたそうです。そこで、広島市長がこの〈ひなたぼっこ〉を先進事例として紹介して下さったのです。
広島市長は、ちばMDエコネットの理事と30年来のお知り合いで、ずっと私たちの会報を読んでくださっていたのです。思わぬところでつながりができ、私たちもビックリ。

15日の午後に〈ひなたぼっこ〉に到着して、少しカフェでお休みした後に柏の駅前にある「スワンベーカリー」へ。ここは、障害者の就労を進めているところです。お店にうかがった時には、すでに仕事の時間は終わっていたのですが、今年になって採用された男性が話をしてくれました。

060615

店内は明るく、入り口に小さなドラムがあって、インテリアにもこだわりを感じるお店です。

060615_1

店長さんにお時間を取っていただき、障害者を雇用するときに大切にしていることや、今の経営の課題、これからの見通しなどをうかがいました。ひとつひとつの質問に丁寧に答えて下さり、また、「障害がある人もない人も一緒に働くのが自然な状況にしたい。」という思いがとても伝わって来て、私たちもパワーをもらいました。

見学後はカフェに戻って懇親会。
〈ひなたぼっこ〉の店長の椛田さんと北條さんが腕によりをかけて作ってくださったお料理を食べながら、このカフェができるまでのことや今の様子、広島との交流など、たくさんの話をしました。お土産に「カープソース」をいただきました。また、広島市長の秋葉さんからは最近出版なさったご著書をサイン入りでプレゼントしていただきました。ありがとうございます!

060615_2

晶生さんは、秋葉さんと握手をし、「事務局長、写真をお願いします!」と。
ポーズのとり方も慣れてますね。

060615_3

次の日、16日は〈ひなたぼっこ〉の周辺をご案内。
商店街とNPOとの協働イベント「きらきら夢ひろば」を行っている船橋市本町通り商店街の森田呉服店さんと川守商店さんに皆様をお連れし、きらゆめのことや、ダイヤモンドポイントカードのことなどを話していただきました。お忙しいところ、ありがとうございました。

さらに足を伸ばして、Little Breads To Goさんへ。友幸農園でとれたブルーベリーを使っていただいているのですが、丁度うかがった時に「山盛りベリーのデニッシュ」があり、早速お買い上げいただきました(笑)。店長さんは、地元のつながりができてうれしい、と話してくれました。

カフェに戻り、笑顔ファクトリーの方と理事長の山田がしばし歓談。

060616

今回の広島の皆様の視察はテレビ新広島の取材を受けていました。〈ひなたぼっこ〉には普段見慣れないカメラが入り、道行く人も何事かと興味津々。放映されるときにはこのホームページでも紹介しますので、テレビ新広島が見られる地域の方、ご覧下さいね。

今度は広島の「笑顔ファクトリー」の皆様を訪ねて、〈ひなたぼっこ〉のメンバーが視察旅行に行けたらいいなあ、と思っています。

広島カープファンの晶生さんは、「試合も見たい!」と言っています(笑)。

<おまけ>
懇親会の時に、「広島風お好み焼き」の話が出て、「じゃあ、送りましょう。」とおっしゃってくれて、後日、〈ひなたぼっこ〉にクール宅急便で届きました。
美味しかった!

060620


【事務局長:よしみ】

2006年6月24日 (土)

子どもも一緒に摘みとり体験

060624

10時から少し蒸し暑い中、作業開始。
草取り、草刈、野菜の誘引、きゅうり、ミニトマトの収穫をしました。

060624_2

11時少し過ぎに、ラズベリーの摘みとり体験の方が農園に見えました。
先日ラズベリー摘みに見えた方とその知人の方たちです。

0606242

060624_1

子供たちは、熟したラズベリーを「美味しい!」と言いながら、楽しそうに摘みとり、つまんでおりました。きゅうりも収穫し、その場で食べてもらいました。


060624_3

また、その他に、かえるを見つけて、捕まえようとしたり、虫を探したり、わずかの時間でしたが楽しんでいただけたようです。

【山本久夫】

2006年6月18日 (日)

ラズベリーが雨にやられて…

午前中、ラズベリー、タイベリー、ボイソンベリーの摘みとりをしました。
午後は傷んだラズベリー、タイベリー、ボイソンベリーの除去に精を出しました。せっかく実った果実を処分するのはいやな気分です。しかし、これをしないと、回りの果実に広がってしまうので、きれいに処分しました。雨が続いたので摘みとりを休んだら、あっという間に痛んでしまい、最盛期の一番良い果実の約半分くらいダメになりました。やはり、梅雨の間は、雨除けと毎日の摘み取りが欠かせません。
ブルーベリーのハイブッシュが次々に熟しはじめました。こちらもできるだけ、毎日摘みとりをしたいと思います。
きゅうりが収穫できるようになりました。かぼちゃ、ゴーヤ、スイカも順調に生長しております。米なすが急激に生長しだしました。誘引を急がないと
・・・。

現在、農園で元気なのは、かえると、けむし、カメムシ(今年は非常に多いように思います)それと雑草です。40cmくらいになった場所も出始めました。刈り取り、除草が忙しくなります。

【山本久夫】

2006年6月17日 (土)

摘みとり体験、楽しいです!

060617_003_1

午前中、ラズベリーの摘みとり体験の方が農園に見えました。
昨年、ブルーベリー摘みに見えた方たちでした。熟したラズベリーはすっぱさも程好く美味しかったようです。お子さんは、ファールゴールドの方が気にいったようでした。(この品種は、酸味も少なく、美味しいです。)

ブルーベリーのハイブッシュが熟しはじめたので、こちらは、24日から摘みとり体験を始められそうです。

060617_002

お子さんから「かえるはいないの?」との質問がありました。
農園には、緑色の「雨がえる」、少し大きめの「殿様がえる」が住み着いています。虫を食べてくれるので大助かりです。
昨年はありにブルーベリーを大分食べられてしまいました。ありをたべてくれる天敵がいると良いのですが。

【山本久夫】

2006年6月10日 (土)

ベリーがたくさんなっています!

060610

少し蒸し暑い中、10時から4人で作業開始。
草取り、ラズベリー、タイベリーの収穫をしました。いよいよ、6月17日からラズベリーの摘みとり体験を開始できそうです。

060610_1

また、ブルーベリーを少し収穫しました。こちらは、まだ量が少なく開始は24日くらいになりそうです。

060610_1

先日種蒔きをした落花生は、全て芽が出てきました。

060610_2

きゅうり、ミニトマト、ゴーヤなど、夏野菜の生長もほぼ順調です。


060610_2

しかし、ラズベリー、タイベリー、ブラックベリーの新梢の伸びがすごく、剪定と誘引を引き続きしないと、果実の部分が日陰や奥に隠れてしまい、見つけるのが難しいくらいになってきました。

060610_3

060610_4

タイベリーは、とげが多いので、誘引、剪定とも皮手袋を使い、テープナーを使っての作業で無いと、とげが刺さり痛くて大変です。また、長袖で覆わないと、かすり傷がたくさんでき、非常に痛いです。
これからの時期は、梅雨の合間を見ながら農園作業となります。無農薬での栽培は、手間と時間が掛かりますが、安心して口にできます。
摘みとりながら食べるラズベリーは格別の美味しさです!

【山本久夫】

ふなばし環境フェアに参加しました

060610

今日は久しぶりに晴天。
10時~15時まで、船橋市中央公民館で第9回ふなばし環境フェアが開催されました。ちばMDエコネットもパネル展示を行いました。

午前中、私が準備をし、その後、公園清掃を終えた晶生さんが来て、来場者に私たちの活動について紹介しました。

〈ひなたぼっこ〉に何回か来てくださった方もいらして、嬉しかったです。〈ひなたぼっこ〉にボランティアに来てくださった方とも偶然お会いして、ビックリ。
また、NPO法人せっけんの街の方は、「ランチを〈ひなたぼっこ〉で食べてきたわ~。」とのこと。

船橋市での様々な環境活動の取り組みがわかる一日でした。

【事務局長:よしみ】

2006年6月 3日 (土)

相談事業第1回研修ご報告

0606031_012

ちばMDエコネットは、今年、特別支援教育に関する研修を実施しています。

 6月3日に第1回目の研修「千葉県の特別支援教育~特別支援教育ってなに?~」を行いました。講師に元中学校教員の渡邉亮一さんをお迎えし、最初に、特別支援教育に関わる学校教育法施行規則の一部等改正と、国会審議中の学校教育法の一部改正についてご説明いただきました。次に、「千葉県の特別支援教育の在り方について(提言)」最終報告のポイントをお話していただきました。その後、休憩を挟み、参加者との意見交換を行いました。参加者からは、特別支援教育の対象はどのように決められるのか、また、保護者の意向の反映についてなど、具体的な質問がたくさん出ました。渡邉さんは誠実に一つ一つの質問に答えて下さり、参加者同士の情報交換、意見交換も活発でした。聞きたいことが盛りだくさんで、もっと時間が欲しい、という感じでした。

平成19年度には本格的に特別支援教育の取り組みが始まります。現場はまだ混沌としている部分があるようですが、障害のある子が生き生きした学校生活を送ることができる教育が求められていると思います(…教育はそもそも全ての子どもの問題ですね)。研修では、さまざまな立場の方に講師になっていただき、これからの障害児教育についてみなさんと考えて行きたいと思います。


【事務局長:よしみ】

ベリーの収穫、もうすぐです!

夏野菜の芽欠きと誘引、草取り。ブラックベリー、タイベリーの誘引。ラズベリーの新梢の剪定と整理の予定で農園へ・・・。


曇り空の下、10時から作業開始。見回すと、鉢植えのブルーベリー、ブラックベリーと、ラズベリーが萎れておりました。急いで水遣りをしました。復活を期待するしかありません。雨の日が多かったのですが、雨量はほとんど無かったようで、かなり干からびておりました。
地植えのラズベリーが5粒、赤くなりました。ようやく熟しだしたようです。ブラックベリーの実も大きくなってきました。ブルーベリーは、ハイブッシュが2粒、ブルーになってきました。

なお、我が家の鉢植えのタイベリーが、先週から熟しだしました。また、ファールゴールド、ハイブッシュのブルーベリーも少し熟してきたので、農園のベリーも10日ころから、収穫できるようになると思います。
タイベリーとラズベリーの赤、ファールゴールドの黄色、ブルーベリーの青は豪華なフレッシュベリーの盛り合わせになります。
【山本久夫】

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »