« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の4件の記事

2006年9月23日 (土)

秋の農園作業

060916_001

さわやかな作業日和となりました。
11時からラズベリーの摘みとり。まだこの時期は収穫量を期待できませんが、良い形の実が着き始めました。10月からが最盛期となります。
きゅうりのあとに10本ほど植えつけた、スティックブロッコリーがだいぶ生長してきました。
農園の桶の池に住み着いたかえるの動きが少し鈍くなった気がします。そろそろ、次の農園に農機具などを、移動する準備を始めなければ…。

【山本久夫】


おまけでその他の農園の様子を少し。

060916_002

かわいらしい、ニラの花が咲いていました。

060916_005

今年の落花生はあまり実がつきませんでした…。残念!

060916_006

060916_008

塩茹でにして、ビールのおつまみとして、エコネットのメンバーで食べました!

【事務局長:よしみ】

2006年9月 9日 (土)

夏の終わりの農作業

10時からボランティアの方を含め、5人で作業開始。

ブルーベリー、ラズベリーの摘み取り、夏野菜の収穫、雑草取りをしました。真夏に比べれば少し暑さがおさまったような気象状態でしたが、水分補給に気をつけながらの作業となりました。ブルーベリーの摘みとりは今日で最後となりました。

ラズベリーは5本の樹が熟し出しましたが、20グラムくらいの収穫です。秋のラズベリーはもう少し涼しくなると、本格的な収穫期となります。夏野菜は、ゴーヤ、ミニトマトだけになり収穫も少しになりました。

また、すこし早いかなと思いましたが、落花生の試し掘りをしてみましたがさやの付きが少なく、不作のようです。

今年の夏は、カメムシ、けむし(特にイラガ)や、バッタ類が多く発生しました。そのためか、雨蛙の数も例年より目につきました。まだ少し暑い日があるようですが、こおろぎなどの秋の虫が目立ち始めました。

【山本久夫】

2006年9月 5日 (火)

船橋東ローターアクトクラブと交流

0608191

8月19日に、
船橋東ローターアクトクラブの方々が農園作業のお手伝いに来てくれました。
また、韓国から相互交流で来ているリュウヨンソンさんも一緒でした。みんなベリーの摘みとりは初めてだということで、摘みとりの方法を説明し、摘みとり開始。暑い中、頑張りました~。

0608193

0608192

0608194

作業が終わってから、〈ひなたぼっこ〉へ移動し昼食。

椛田さんと北條さんが、友幸農園で採れたかぼちゃ、ナス、ゴーヤ入りの特製夏野菜のカレーを作ってくれ、「やっぱり手づくりのカレーは美味しい!!」と大好評でした。

みんなでおしゃべりをしながらの楽しい時間。韓国ドラマ好きの真希ちゃんは、ヨンソンさんにドラマに関することを聞きたいと、質問をたくさん用意していました。その都度、私、山本が二人の間に入って英語で通訳(苦笑)。

060819

今後も船橋東ローターアクトの皆さんと交流をしていきたいと思います。

【事務局長:よしみ】

続きを読む "船橋東ローターアクトクラブと交流" »

2006年9月 3日 (日)

相談事業第3回研修ご報告

0609033_001_2
9月3日(日)、相談事業第3回研修「障害のある子の学校生活支援~特別支援教育コーディネーターの活動から~」を行いました。
講師は千葉県立八日市場養護学校教諭の西山博さん。西山さんは特別支援教育コーディネーターとしての豊富な経験をお持ちです。現在は、八日市場養護学校で、養護学校の生徒や地域の普通学級に通う障害のある子へのきめ細やかな支援をしていらっしゃいます。

最初に「特別支援教育コーディネーターの役割は、養護学校と小中学校では異なるのだ」という話から始まりました。小中学校では校内体制の構築、養護学校では地域支援を行う、ということです。そして、八日市場養護学校での「地域ぐるみで障害のある子を支えるための取り組み」の紹介をして下さいました。学校の近隣住民の方がたくさんボランティアとして学校の行事に関われるようにし、子どもたちの地域生活を支援する人のつながりを楽しく、自然につくりだしているのです。
そして、八日市場養護学校の先生方は、自分の学校の生徒だけでなく、その地域の障害のある子の相談支援活動を積極的に行っているとのこと。「困っているのは誰?」という問いを出発点として、地域の幼稚園、保育園や普通学級に出向いて、障害のある子は「困った子」ではなく、「困っている子」なのだというところから、ニーズや思いを丁寧に汲み取り、支援していく。障害のある子がどの学校に通っていようとも、その地域で活き活きと暮らせるようにしていくこと…それがこれからの特別支援教育に求められるものなのだろうと思います。

0609033_017_1

後半の意見交換では、障害のあるお子さんの保護者から学校生活での悩みが打ち明けられ、それに対するアドバイスを皆で考える場面もありました。アンケート結果からは、今回の研修がみなさまに満足いただけたことがわかりました。ご参加ありがとうございました!

研修会終了後には、コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉で交流会をしました。講師の西山さんを囲み、研修では話が出来なかったことやそれぞれの情報交換をするなど、話が盛り上がりました。

0609033_019

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »