« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の4件の記事

2007年1月28日 (日)

相談事業第5回研修ご報告

2007_0128_131221aa

1月28日に相談事業第5回研修「障害のある子の学校生活支援パートⅡ」を行いました。定員30名を超える参加者で、ニーズの高さがうかがえました。

2007_0128_131116aa

講師の高畑さんは柏養護学校の通学区域である柏市と流山市を中心に、主に障害のある子の相談活動をしていらっしゃいます。相談の対象は乳幼児期から学校卒業後までで、地域の様々な方から相談があり、普通学級に通う中での課題等の相談も受けているそうです。

途中、高畑さんが「障害について疑似体験をしたことがありますか?」と参加者に聞きました。無いという人がほとんど。「じゃあ、利き手ではない方の手で“都道府県”と5回書いて下さい。」ということで、皆が挑戦。でも、なかなか思うように書けません。そんな中で「もう時間ですよ。早くして下さい。隣の○○さんは終わっていますよ。」と高畑さんがせかします。私は上手くかけないもどかしさと焦りでとても不安な気持ちになりました。
高畑さんは「何かをしたいと思っても、それが思い通りにできない時の辛さって、非常にストレスになりますよね。障害のある子の支援では、その子がどういった気持ちでいるのかを常に考えることが大切です。」とおっしゃっていました。個別の教育支援計画を立てる時も、障害のある子自身が何をしたいのかをじっくり見極めなければならない、と。計画を立てる際、本人・保護者と学校だけでは必要な支援を行えない場合には、関係機関とも連携をとってネットワーク会議を開催しているそうです。

5

後半の意見交換では、普通学級での支援、学年がかわる時の問題、学習面の課題などが出ました。学年の変わり目に安定した状態を引き継ぐためには、コミュニケーションのとり方やプリント等、どういう支援をしたのかという環境整備の部分、“具体的な支援条件”を伝えるとのこと。必要に応じてその子の状態をビデオに撮って見てもらうこともあるそうです。

高畑さんのお話をうかがい、普通学級でも養護学校でも、障害のある子が望む学校生活を送るサポートは工夫次第で出来ることがわかりました。本人・保護者と学校が密に連絡を取り合い、支援体制作りを進めることが急務だと思います。

【事務局長:よしみ】

2007年1月26日 (金)

Panasonic NPOサポートファンド贈呈式

Photo_5
1月26日(金)、Panasonic NPOサポートファンドの2006年度贈呈式がありました。理事長の山田と事務局長の私(山本)が出席しました。
会場はパナソニックセンター東京。素敵な建物でした~。

Photo_6
13時から第一部として贈呈式。最初に松下電器産業株式会社の役員である鍛治舍巧さんのご挨拶がありました。企業の社会貢献の一つとして、「未来の子どもと環境のために活動しているNPOを支援したい」ということでした。この助成金の特徴として私がとてもいいと思うのは、そういったNPOの基盤整備のために助成してくれるということです。ミッションと人が命のNPO。その基盤作りはなかなか難しいところですが、こういった支援をしてもらうことで団体としても成長し、安定した事業が行えるようになるのです。

第二部は助成が決定した団体(パートナー団体)の活動発表タイム。
全国から集まった助成団体の活動は本当にユニークでした。障害のある子の支援をしている団体も多く、各地で活動しているのがわかるとお互い励みになります。

私たちは「障害のある子の学校生活支援と地域生活に関する相談員育成と活動評価事業」という事業を申請し、助成をいただけることになりました。平成16年から始めた相談事業でも、特に障害のある子の学校生活の相談が多くなっています。保護者と学校とをつないでいく第3者も必要になってくるケースがあり、そんな場面で私たちがお役に立てることが出てきました。そういった相談員を育成する(自分たちが成長するということですが…)ことと、相談事業自体を評価していくことが大切になってきます。その2つを今回の助成で行って行きます。

Photo_7
第三部は交流懇親会。
ここでは、参加団体で作っているクッキーやパンを食べながらの交流。私たちも、農園でとれたブラックベリー使ったデニッシュをLittle Breads To Goさんに特別に作ってもらって、皆さんに食べていただきました!美味しいと評判で良かったです。

私たちのノーマライゼーションの想いに賛同して声をかけてくださった方や、船橋にもネットワークセンターがあるところなど、新たな出会いとつながりが出来た有意義な時間でした。

松下電器産業株式会社さま、ありがとうございました。
また、このファンドの協働事務局である市民社会創造ファンドさまには申請から決定までお世話になりました。
両方のご担当の方にはこれからもお世話になります(笑)。
これから一年間、頑張りたいと思います!

【事務局長:よしみ】

2007年1月21日 (日)

水道ポンプを使いやすく

水道ポンプの凍結防止のため、断熱材で覆ってあったのですが、強度が弱いので、杉板を使い小さなポンプ小屋(のようなもの)を作りました。バルブを操作し易いように前の部分を開閉できるようにしました。また、ポンプの操作や修理をしやすいよう、天端部を簡単に外せるように工夫をしました。

それから、夏の日除けと、美味しいぶどうが食べられるよう、カフェにあった鉢植えのぶどうの樹を4本植え付けました。我が家に6鉢ありますが、これも植え付け、色々な種類のぶどうを育てようと思います。
2年くらいかけて、畑と広場を充実していきたいと思います。

【山本久夫】

2007年1月20日 (土)

ブルーベリーファーム始動です

昨年12月末で佐倉へ農園移転を無事終え、今年から農園作業については、新しくブルーベリーファームを目指して運営体制も変えて進めることになりました。
今後、農園近くの佐倉や四街道の人たちとも交流をしていきたいと思っています。

今日は、江美子さんと一緒に八街のホームセンターへ、ピートモスを購入に行きました。6cuft(170リットル)の物を6袋購入しました。結構重くて、店員の方に手伝ってもらい、貸し出しの軽トラにやっと積み込み佐倉へ。スピードを控えめに走り、30分位で到着。重いので引きずり降ろし、転がして畑の中に運びました。このピートモスを水で復元し、苗を植え付けていきます。植え付け本数150本をめざし、この作業が3月末くらいまで続きます。

【山本久夫】

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »