« 水道ポンプを使いやすく | トップページ | 相談事業第5回研修ご報告 »

2007年1月26日 (金)

Panasonic NPOサポートファンド贈呈式

Photo_5
1月26日(金)、Panasonic NPOサポートファンドの2006年度贈呈式がありました。理事長の山田と事務局長の私(山本)が出席しました。
会場はパナソニックセンター東京。素敵な建物でした~。

Photo_6
13時から第一部として贈呈式。最初に松下電器産業株式会社の役員である鍛治舍巧さんのご挨拶がありました。企業の社会貢献の一つとして、「未来の子どもと環境のために活動しているNPOを支援したい」ということでした。この助成金の特徴として私がとてもいいと思うのは、そういったNPOの基盤整備のために助成してくれるということです。ミッションと人が命のNPO。その基盤作りはなかなか難しいところですが、こういった支援をしてもらうことで団体としても成長し、安定した事業が行えるようになるのです。

第二部は助成が決定した団体(パートナー団体)の活動発表タイム。
全国から集まった助成団体の活動は本当にユニークでした。障害のある子の支援をしている団体も多く、各地で活動しているのがわかるとお互い励みになります。

私たちは「障害のある子の学校生活支援と地域生活に関する相談員育成と活動評価事業」という事業を申請し、助成をいただけることになりました。平成16年から始めた相談事業でも、特に障害のある子の学校生活の相談が多くなっています。保護者と学校とをつないでいく第3者も必要になってくるケースがあり、そんな場面で私たちがお役に立てることが出てきました。そういった相談員を育成する(自分たちが成長するということですが…)ことと、相談事業自体を評価していくことが大切になってきます。その2つを今回の助成で行って行きます。

Photo_7
第三部は交流懇親会。
ここでは、参加団体で作っているクッキーやパンを食べながらの交流。私たちも、農園でとれたブラックベリー使ったデニッシュをLittle Breads To Goさんに特別に作ってもらって、皆さんに食べていただきました!美味しいと評判で良かったです。

私たちのノーマライゼーションの想いに賛同して声をかけてくださった方や、船橋にもネットワークセンターがあるところなど、新たな出会いとつながりが出来た有意義な時間でした。

松下電器産業株式会社さま、ありがとうございました。
また、このファンドの協働事務局である市民社会創造ファンドさまには申請から決定までお世話になりました。
両方のご担当の方にはこれからもお世話になります(笑)。
これから一年間、頑張りたいと思います!

【事務局長:よしみ】

« 水道ポンプを使いやすく | トップページ | 相談事業第5回研修ご報告 »

「事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9660/5126973

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic NPOサポートファンド贈呈式:

« 水道ポンプを使いやすく | トップページ | 相談事業第5回研修ご報告 »