« 8月2日 農園作業報告 | トップページ | 8月20日、23日に夏休み工作カフェをします! »

2009年8月 7日 (金)

8月7日〈ひなたぼっこ〉英会話教室

今日もいつものようにパズルをしました。pen

090807_003

動物の名前を覚えながら、その動物が食べるものは何か、体の特徴は、など質問はどんどんふくらんでいきます。
いつの間にか覚えてしまう仕組み。すごいですね!

「書く」という勉強が始まってから、ナオトくんの集中力は目を見張るものがあります。
「話す」というだけではなかなか参加できずにいたのが嘘のように、積極的にスペルも声に出していえるようになりました。
エミコさんも絵が大好きなので、パズルは楽しんでいる様子。
でも動物は苦手なのか、先生に「クマは好きですか?」「ヘビは?」と質問されると(もちろん英語でです)、大きなリアクションで「No!」と答えています。

090807_002

090807_001

今日はモトコさんのお誕生日で、(何だか最近、お誕生日の人が多いですね)ご本人手作りのケーキやおまんじゅうでお祝いをしました。

090807_008

090807_007

090807_005

モトコさん、おめでとうございますheart04

来週の英会話教室は、先生のお盆休みでお休みです。また21日にアップします。

【ボランティア:香代子】

« 8月2日 農園作業報告 | トップページ | 8月20日、23日に夏休み工作カフェをします! »

〈ひなたぼっこ〉英会話教室」カテゴリの記事

コメント

知的障害者(特にアスペルガー症候群)に語学を教える際は、その子どもの関心のあるテーマを選び、強く苦手とする分野の語彙は避けるほうがよい、という研究があります:
講師の方に是非お読みいただきたいと存じます:
Asperger Syndrome in the Inclusive Classroom
by Stacey W.Betts, et al.
from Jessica Kingsley Publishers

>Kees Popingaさん

事務局長のよしみです。
知的障害児・者に語学を教える時のポイント、語彙として強く苦手なものを使わない方が良いということですね。また本をご紹介いただきましてありがとうございます。
私自身はまだご紹介いただいた本は読んでいないですが、苦手な物を使うことによって学習におけるマイナス面が出てくるということですね。

ブログでは伝わらない部分があるかもしれないと思い、香代子さんにこの時のクラスの様子をうかがってみました。エミコさんはすごくヘビが苦手ということでは無かったようです。クラスでは「Noをはっきり言う」ということも練習していて、それを大きなリアクションを交えてできたとのこと。

英語を教える時のポイントはまだまだたくさんあるのだろうと思います。貴重なご意見、ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9660/30867079

この記事へのトラックバック一覧です: 8月7日〈ひなたぼっこ〉英会話教室:

« 8月2日 農園作業報告 | トップページ | 8月20日、23日に夏休み工作カフェをします! »