« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の11件の記事

2010年1月31日 (日)

「ノーマライゼーション学校支援事業」第6回・第7回研修報告

 日時:2010年1月31日(日)
 第6回[13:30~15:25] 第7回[15:40~17:35]
 場所:千葉市ビジネス支援センター 会議室

 1月31日(日)に、千葉市ビジネス支援センター(きぼーる13階)を会場にして、第6回・第7回研修を続けて行いました。寒い中、また休日にもかかわらず保護者の方々や先生方、学童指導員の方、福祉に関わる方々など多くの方が参加してくださいました。

1001316

 

 <第6回>
 テーマ:支援に活かす発達検査
 講師:西山博さん(千葉県立印旛特別支援学校教諭)

 第6回は「支援に活かす発達検査」というテーマで、印旛特別支援学校教諭の西山博さんに講師をお願いしました。「発達検査」という言い方が聞き慣れていますが、「心理検査」という呼び名が正確とのことです。心理検査はその子を理解するためにあること、「初めて会った子と仲良くなるのに何もないと難しい。検査という枠があると、そういう具体的なことを介して仲良くなれるんです」というお話に、「目からうろこ」という感じがしました。また、検査というとできないところを見つけ出すものという先入観があるのですが、そうではなくてその子自身の中での発達のバランスを見ることであり、得意なことも苦手なことも明らかにすることが目的であるということを学びました。演習や、2人1組になって行ったワークショップは楽しいひとときでした。「自分のいいところを言い合う」場面では、「自分のいいところ」ってなかなか浮かばないものだと思いました。こうした形で参加者も心理検査の一端を体験することができました。検査の結果を支援に活かすには、結果が出たあとの現場でのていねいな話し合いが必要です。また、支援者が勝手な思い込みをしている場合など、検査はその間違いに気づくきっかけにもなるとのことでした。検査から目標が見つかり、そこから支援の可能性を広げていくことができるというお話に、深く共感しました。

1001317

 <第7回>
 テーマ:実践例に学ぶ~通常学級における特別支援とは?
 講師:佐藤慎二さん(植草学園短期大学教授)

 第7回は「実践例に学ぶ~通常学級における特別支援とは?」というテーマで、植草学園短期大学教授の佐藤慎二さんに講師をお願いしました。佐藤さんは、船橋市で長く言葉の相談室や通級指導教室で指導されてきた方で、通常学級の中で発達につまずきのある子を支援する適切な方法は、他のすべての子どもたちにわかりやすい支援でもあるということを、豊富な具体例をあげて話してくださいました。一度に二つの指示は通らない、必ず一度にひとつの指示にすることを、何度も強調されました。指示が聞けないということでいつも叱られているA君。しかし彼が指示を聞けないのはなぜなのか、考えてみたことがあるだろうか?「聞いていない」のではなく「聞き取りきれない」困難があるのではないか?と投げかけられました。読み書き困難を抱えた子の手記が紹介されていました。「あり地獄のような読み書き訓練の日々。何万回書けば書けるようになるのか。・・・これだけやってもできない自分はまだまだ努力が足りないのだろうと思った。・・・でももうこれ以上何をどうしたらいいのかわからない・・・」子どもたちの辛さを理解していこう、と佐藤さんは何度も繰り返しました。授業をどのようにわかりやすく、誰もが参加しやすく作っていくか、そこが勝負!と言われました。早いテンポで次々に繰り出される、楽しくわかりやすい授業の「ネタ」は、まるで手品のようでした。こうした工夫によって子どもたちが活き活きと学校生活を送るようになったら、先生方も親たちもとても嬉しく幸せになれます。そんな学校を創って行こうという、力強いメッセージをいただいた研修でした。

2010年1月29日 (金)

1月29日〈ひなたぼっこ〉英会話教室

今日の英会話はちょっと淋しく5人のみweep
それでもみんな元気いっぱいに大きな声で勉強しました。

S100129_001

S100129_002

また新しいカードの登場です。
「where(どこに)」の勉強に使います。

S100129_003_2

Where are clouds? (雲はどこにありますか)
In the sky (空にあります)
Where is the clown? (ピエロはどこにいますか)
In a circus (サーカスにいます)
などのように使います。

どんどん大きな声で答えられるようになった江美子さん。
先生とのコミュニケーションもとれて、ジョークも言えるようになりました。
とても積極的に発言しています。

直人くんは最近はコックリ、コックリがなくなって、ちゃんと参加しています。
答えもはっきりと言えるようになりました。

毎回録音して復習しているモトコさん、とても熱心ですbook
先生の話題を膨らませて、いろいろとニュースを提供してくれるミツコさんのおかげで、場が盛り上がります。

毎週金曜日の11時から1時間、500円で英語の勉強ができますsign03
興味のある方は、ぜひ見学にいらしてください。

【ボランティア:香代子】

2010年1月23日 (土)

1月23日 農園作業報告

100123_001

今日も鈴木さんが来て下さり、4人での作業。

100123_003

メインの作業は、山本土建さんからバックホーを借用し、ブルーベリーの植え付け用の穴掘りです。山本さんも途中で様子を見に来て下さいました。

農園に傾斜があるためバックホーが低い方向に流れ、まっすぐに掘れず、修正しながら穴を掘ったのですが、なかなかうまく列が揃いません。

100123_011

そこで、途中から穴を掘るのではなく、溝状に掘るように変更しました。この方が、土のほぐれた体積が多くなるので、根の広がりが確保できそうです。
ブラックベリー、ボイソンベリーなどの生育状態を見ながら、ブルーベリーの移植を進めようと思います。

100123_007

また、ブラックベリーの枝の剪定を行いました。昨年実をつけて枯れた枝もかなり太くなっていたので、枝きりバサミでカット。

100123_009

剪定した枝はかなりの量になり、軽トラに載せて処分場所へ運びました。

100123_012

100123_008

剪定後はかなりすっきりしました。

100123_018

ブルーベリーはつぼみができています。

100123_006

ただ、枝に白い虫がついているのが気になります。・・・名前を忘れてしまったのですが、小さい白い状態で付着し、それが大きくなっていきます。ぷにょぷにょとした感じで、中は赤い液のようになっています。これは一つずつつぶしていくしかありません。

100123_014

無農薬でやっていると、常に虫との闘いになっていますが、美味しい実が収穫できるように頑張って行きたいと思います。

【山本久夫】

2010年1月22日 (金)

1月22日 〈ひなたぼっこ〉英会話教室

S100122_001

いつもの通り先週の復習からです。今日の勉強は動詞。

S100122_008

先生が示す単語カードの動詞を、ジェスチャーで表現してあてっこするのですが、これが結構むずかしい!sweat01

S100122_013

S100122_005

S100122_003

S100122_006

S100122_004

そして、レベルアップした問題。
動詞のスペルを入れ替えたものを、正しい順番に直して書くというものです。

S100122_015

さらに、動物や、食べ物、色を表わす単語の入れ替えたものを「正しく直そう!」と先生の要求はどんどんエスカレートsign03

S100122_012

難しい問題ですが、考えてみることが楽しくて、時間があっという間に経ってしまいました。
こんな英語の時間も楽しいものですねgood

ところで、スープというのは「飲む」ではなく、「食べる」という表現をするのですね。
日本語ではスープは「飲むもの」というイメージでとらえていましたが、スプーンを使うものはeat(食べる)だそうです。今日の「1ヘエ」でした。(ちょっと古いかな?)

【ボランティア:香代子】

2010年1月21日 (木)

海外からのお客様

100121united_planet_007

今日、海外でボランティアをしたい人をコーディネートしているUnited planetの方が、日本の受け入れ団体を視察するということで、カフェにいらっしゃいましたhappy01
カフェでは、海外からのボランティア希望の方も積極的に受け入れを行っています。
3年前にハワイからJanaさんが来て、2年前にはMinjiさんが来てくれました。二人ともとっても積極的でした。二人とも日本語はあまり話せませんでしたが、最初の頃には事務局長のよしみが間に入って英語の通訳をしたものの、滞在の後半には障害のあるスタッフとも結構コミュニケーションを取って、仲良くしていました。…障害のあるスタッフの、「どうにか思いを通じさせるコミュニケーション力」はすごいです。

いらした方はとても背が高くカッコイイ方で、カフェの女性陣は目がキラキラlovely
英語で自己紹介をしなければ、と緊張していたら…。
「こんにちは。デイヴィッドです。」と、すらすらと日本語で挨拶をして下さいました。今はボストンに住んでいらっしゃるけれど、以前日本で英語を教えていたこともあったとのことです。

100121united_planet_003

お土産にメープルクッキーをいただきました。それに、新しく日本語版もできたというUnited Planetのパンフレットも。日本での受け入れが増えているようです。

今回は視察ということで、カフェの資金のことや、障害のあるスタッフの仕事のことなどを事務局長から一通り説明しました。通訳の方もいらっしゃいましたが、英語と日本語を少し交えながらお伝えして、なんとか伝わったようですcoldsweats01
団体のホームページやブログもその場で見てもらいました。やっぱり、画像があると分かり易いですね。
デイヴィッドさんは「建物も素敵だし、置いてある手作りのものとか、お教室をたくさんやっているのも、本当に素晴らしいですね!」とおっしゃっていましたgood
…これは、日本語でのデイヴィッドさんの感想です。

私の説明が終わったら、カフェのスタッフをご紹介。
英会話レッスンを受けているナオト君やエミコさんは英語で挨拶をして、デイヴィッドさんも
ビックリ。「すごい発音がいいですよ~。」と誉めていました。

100121united_planet_006

アキラ君もいつものように挨拶。「松平健が好きで…。」という話が始まり、ここの部分は通訳の方が伝えてくれました。

それから、デイヴィッドさんは、カフェでやっていた押し花教室を見て、押し花にかなり興味を持った様子。それに、参加しているレイコさんがデイヴィッドさんに話しかけて、楽しくお話。

100121united_planet_002

「アメリカではこういうフラワーのものは無いです。スゴイですね!!」と言って、講師の堀先生からもいろいろ話を聞いていました。

100121united_planet_001

さらに、お土産にカフェのボックスショップの商品も大量にお買い上げ下さいました。ボックスに押し花があったので、それはかなり真剣に見ていました(笑)。

100121united_planet_004

「アメリカにいるスタッフにもお土産が必要だし。」「これは姪と甥にプレゼントしようと思って。」・・・ちなみに、これは全部日本語でしゃべっていらした内容です。

昨年は、新型インフルエンザの影響で受け入れが出来なかったのですが、今年はまた誰かカフェに来てもらえたらいいな、と思いますnotes

【事務局長:よしみ】

2010年1月15日 (金)

1月13日「ふなばし宝殿」のワークショップへ!

100113_006 

1月13日(水)、カフェの定休日。
今日は、カフェスタッフのメンバーでカラオケ&アートワークショップに参加してきましたhappy01

今回の企画は、現代アーティスト・門脇篤さんが、コミュニティアート・ふなばしの企画で、1月12日~17日まで船橋法典で行うプロジェクトで船橋にいらっしゃることに合わせて、「カフェスタッフの晶生さんから門脇さんにお願いしていたカラオケにも皆で行こう!」ということになったのです。
門脇さんは、2年前に本町通りきらきら夢ひろばの際に、葉っぱを作るワークショップをカフェでして下さったのがきっかけで、船橋にいらっしゃるときには、必ずと言って良いほどカフェに寄って下さるのですshine

午前中のカラオケは大盛り上がりkaraoke

続いて船橋法典駅へ移動train
強風で電車がゆっくり走っていて、時間がかかりました。
風はかなり冷たくて、「寒い~!」と口々に言いながら、会場に到着。

100113_003_3

会場はものづくり空間イイシル
外にはコミュニティアート城が築かれていて、中も素敵な空間になっていました!
…ただ、かなり寒かったですがdespair

そこでまずはランチタイム(笑)。

その後、プラダンを使ったコミュニティアート城のパーツを思い思いに制作。
それぞれ、こんな感じの作品が出来ましたscissors

Dsc_1646

また、ここでのワークショップの様子をUstreamを駆使したネット番組「コミュニティアート・チャンネル」でネット放送するという、面白い試みに参加できましたsign03

100113_005_2

打ち合わせをする門脇さんと晶生さん。真剣!

100113_008 

100113_010

放送開始ですmovie

100113_011

エミコ&マイコのジャニーズ対談heart01

その後は、八代将軍について、アキラの語り。

100113_013

そんなわけで、皆大満足の様子でした(笑)。

コミュニティアート・チャンネルで、ぜひその様子をご覧下さいnotes

http://www.ustream.tv/recorded/3943931
http://www.ustream.tv/recorded/3944434
http://www.ustream.tv/recorded/3945098

一日、「放電」でリフレッシュ。

帰り道の会話。
「今日はすごく楽しかったよね~。」
「あ、明日は私シフトだ。」
「晶生君もだよね。」

また明日からカフェのお仕事を頑張るそうですup
こうやって、いろんな場所で楽しみが増えていくと良いなあ、と思っています。

【事務局長:よしみ】

1月15日〈ひなたぼっこ〉英会話教室

ちょっとレイアウトが変更になったカフェで、英会話教室の始まりです。

100115_005 

今日は先生が電車の遅れで大幅遅刻。ようやくいらした先生がsorry(すみません)と、状況を一生懸命説明してくれますが、私たちの力ではなかなか理解できず、先生も私たちも悪戦苦闘coldsweats02
でもこういう状況って、生きた英語の力がつくかもしれませんね。

勉強の方は、先生が私たち生徒の力を過信しているようで、どんどんレベルアップされています。

100115_001_2

世界各国の地図を見ながら、気候や食べ物、その国を説明するものをヒントに出されて、国名を当てたりします。

100115_006

江美子さんはとても元気に挑戦しています。

100115_009

直人くんは最近あまり居眠りすることもなく、大分大きな声で返事をすることができるようになったと思います。

100115_002

ハイチの地震の話になって、ハイチという国はとても貧しいのだけれど、それはなぜなのかを説明してもらいました。半分も理解できたかな?

100115_003

100115_004

それにしても、先生が一生懸命電車の遅れを説明してくれても、それに対して
「たいへんでしたね」とか
「気にしないでください」
とか、返事のできない自分がもどかしいですweep
まあ、それがスラスラできるのなら、英語の勉強をしようなどとは考えたりしないのですけれど…。

【ボランティア:香代子】

2010年1月 8日 (金)

1月8日〈ひなたぼっこ〉英会話教室

A HAPPY NEW YEAR!

今年初めての英会話教室です。
最初に先生からお正月はどこかへ行ったか、何を食べたかなどと質問されました。

100108_001_2

久し振りで、英語脳になかなかなりませんsweat02(もともとなってはいないのですが…)

江美子さんも久しぶりに参加です。

100108_002_2

復習から始めます。覚えたはずの言葉がなかなか出てこないsign03

100108_004_2

1年の12か月も復習しながら、それぞれの祝日が何月にあるかの問題を出されました。
緑の日が4月29日だったはずなのに、今は5月4日だなんてうっかりしていましたが、先生はちゃんと覚えています。さすがイアン先生bell

天気についても復習しました。
1月の天気は
It's snowy and cold
などというように。

100108_003

来週は地図を見ながら、いろいろな国の天候や風土について勉強しようと言われました。
たまには少し予習して来ましょうか。

【ボランティア:香代子】

2010年1月 6日 (水)

カフェスタッフの「パソコン教室」が始まりました

昨年12月25日、第1回目のカフェスタッフ向けのパソコン教室を開催しました。
この教室開催にあたっては、エッコロ福祉基金の助成をいただくことができました。
厚くお礼申し上げますconfident

今回のパソコン教室の目的は、「知的障害のある人が、自分の気持ちや自分のこと、活動のこと、しごとのことを自分の言葉や表現方法でインターネットを通じて発信できるようにしよう!」というものですpc

身体障害のある人については、パソコンのハード面の技術の進歩によって、当事者の思いがインターネットを通じて伝えられるようになってきています。
ちばMDエコネットでは、これまでスタッフやボランティアさんが会報やこのブログなどを通して、知的障害のある若者の活動の様子をお伝えしてきました。そこに、当事者の視点で伝えられることを増やして行きたい、というのがかねてからの想いでした。
このパソコン教室はその第一歩になりますshine

第1回目は、講師の千葉まちづくり工房の方に、パソコンの基本操作について教えていただきました。最初に、今日の流れを事務局の山本から説明しました。
まずは、自分たちの団体のホームページを見てみることにしました。

02 04

初めてホームページに自分のドラムの演奏の様子が載っているのを見て、驚く晶生さん(笑)。直人さんも興味津々eye

一通り説明をして、すでにインターネットも使ったことがあり、パソコンの入力もできるというメンバーには、自己紹介の文章を入力してもらうことにしました。

05 06

ワープロで文字の入力をしたことはある、とか文字自体を書くことは好き、というメンバーには、まずは手書きで自己紹介を書いてもらいましたpencil

07

皆、真剣です。すごい集中力sign01

お互いのプロフィール画像も撮影camera

09 11

そして、その時に作成したそれぞれのプロフィールがこちらです。
(※本文は、本人がパソコンに入力したそのままの文章にしています。)

**************************************************************

西村舞子
12
[画像撮影:山本江美子]

カフェのスタッフの西村舞子です。
毎週月、火 金と週3日来てます。 カフェの仕事は主に接客したり、
クッキーを袋詰めしたり 事務作業をしています。

山岡直人
13
[画像撮影:山田晶生]

シフトは
火木土です。
英会話教室は
金曜日です。

山田晶生
14
[画像撮影:山岡直人]

カフェひなたぽっこスタッフ
おひさまバンドのいまドラム
やっています
月曜日木曜日をはいっています
松平健暴れん坊将軍
みていますやりながらやっています

山本江美子
15
[画像撮影:西村舞子]

カフェのスタッフの山本江美子です。
毎週月曜日火、木、金です。
仕事場ではいろいろな事務作業やクッキーの袋詰などの仕事をしています
金曜日に英会話教室に参加しています。

*************************************************************

「シフトに入っている日は自己紹介に入れてね。」ということは伝えていましたが、その他はそれぞれ悩みながら、講師の方や補助の山本に相談しながら入力しました。

第1回目はこれで終了。
今後、1月~3月にかけて、グループや個人でレッスンを続けますhappy01
その様子は随時ブログに掲載しますので、お楽しみにwink

【事務局長:よしみ】

2010年1月 3日 (日)

1月3日 農園作業報告

S100103_002

佳美さん、山本の2人で農園へ。
作業日が週1~2日と少ないので、出来るだけ農園に行くようにしています。
三角農園に植えてあるタイベリーなど、樹勢の悪い株を掘り上げました。

S100103_006

S100103_007

これにより出来たスペースに、ミックスベリー農園の樹勢の良いブラックベリーを植え付けようと思います。
良く根付くと良いのですが、土の粒子が細かいのでチップなど有機物を十分投入しようと思います。
ブラックベリーの通路の部分にある剪定した枝などの整理と、耕運機による雑草の根切りをして作業終了。

S100103_008

S100103_009

S100103_010

S100103_011

進捗は遅いですが、確実に前進しています。

【山本久夫】

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

2010年、新たな年が始まりましたfuji

昨年は、NPO法人ちばMDエコネット設立からちょうど10年という節目の年でした。
応援してくださるみなさまの叱咤激励によって、ここまで来ることができました。心から感謝申し上げますconfident

共に学び共に育っていきたいという願いで小学校、中学校、そして高校まで普通に歩んできた若者たちは、30歳代に入っている人もいます。…もう「若者」とはいえませんねsmile
卒業後の社会参加としてグラウンドワーク活動を行い、1999年に映画「ひなたぼっこ」をつくり、2002年にコミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉をオープン、これまで自主運営してきました。
そして、2004年からは千葉県とNPOとの協働事業として「ノーマライゼーション相談事業」を開始。その相談事業は、2007年からは障害のある子や発達につまずきのある子の学校支援を中心とした「ノーマライゼーション学校支援事業」という形で継続しています。これまでの3年間で、子どもたちの学校生活の課題に取り組み、学校現場、教育行政の方々と幅広く協力していくことができました。

また、かねてからの課題だった新たな仕事への道を一昨年度に「しごと支援事業」という形でようやく模索し始め、高根台つどいの家のユニバーサル就労ワークショップ等に参加して来ました。昨年はこの事業によって、障害のある人の仕事への取り組みとして、少しずつつながりを創ることができてきました。

本当に遅々とした歩みですが、障害のある人とない人が共に学び共に生きていきたいという願いを決してあきらめず、力を合わせて実現していきたいと思いますsign01

2010年は、障害のある人の働き方と、新たな課題である「住まい方」に向けて、昨年の活動を元にもう一歩飛躍していかなければならないと考えています。
どうか本年も、ちばMDエコネットをご支援いただきますよう、お願いいたします。

そして、皆様にとって幸多き一年になりますよう、お祈りしておりますclover

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »