« 2月18日〈ひなたぼっこ〉英会話教室 | トップページ | 2月25日〈ひなたぼっこ〉英会話教室 »

2011年2月22日 (火)

新潟日報で紹介されました

1月16日(日)の新潟日報の一面の日報抄(朝日新聞の天声人語のような欄)に、ちばMDエコネットが紹介されました。
以下、全文を載せたいと思います。

****************************************************************************************************

熊本県の方言で「じゃなかしゃば」という言い方がある。意味は「今のようでない世の中」。これをタイトルに掲げた冊子が定期的に届けられる
▼編集しているのは、千葉県で知的障害のある若者たちを中心に地域活動を続けているNPO法人「ちばMDエコネット」。10年以上前に、知的障害者の高校進学問題の取材にうかがって以来、この冊子を通じて、読む側の当方が励まされてきた
▼カフェ運営、公園清掃、ドキュメンタリー映画製作、講演会の開催など活動は多彩だ。毎号郵送されてくる紙面に込められているものは、じゃなかしゃば、今よりも生きやすい社会を目指して一緒に頑張ろうというメッセージである
▼その最新号で「ユニバーサル就労」という取り組みが、千葉県内で始まっていることを知った。障害の有無に関係なく、さまざまな理由で働きにくい状況下にある人たちがだれでも、支援を受けながら就労できる仕組みのことだ
▼例えば引きこもりやホームレスから脱しようとしている人、母子・父子家庭、要介護の家族がいる人など対象は幅広い。仕事を発注する側は業務内容や就労時間を細分化する。きめ細かい支援を組み、初めて働く人、あるいは久しぶりに社会に出る人にとっての垣根を低くする
▼障害者が就労しやすい環境は、障害がない人にも勤めやすい場であるのは明らかだ。働く意欲はあるのに、就労条件が合わずに悔しい思いをしている人は多い。じゃなかしゃばへ、夢を語るだけでなく、千葉に見習って実現に近づきたいものだ。

****************************************************************************************************

さらに、2月12日(土)の新潟日報にユニバーサル就労の記事が掲載されました。その記事については、後日、ご紹介します。

« 2月18日〈ひなたぼっこ〉英会話教室 | トップページ | 2月25日〈ひなたぼっこ〉英会話教室 »

メディア掲載」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9660/38971046

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟日報で紹介されました:

« 2月18日〈ひなたぼっこ〉英会話教室 | トップページ | 2月25日〈ひなたぼっこ〉英会話教室 »